ブログ

image

みなさん、こんにちは。
今日はメインイベントのプロローグとして開催されるトークイベントをご紹介します!

トークのテーマは『本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること』。
「本から始まった」Book! Book! AIZUが産声をあげてから、6年がたちます。
本をきっかけに人と街がつながることをめざしてスタートしたこのイベントの「これまで」そして「これから」をみつめようとこのトークを企画しました。

ゲストは、長野県にある木曽湖の湖畔で3年前から開催されてALPS BOOK CAMPを主催する菊地徹さん。菊地さんは、長野県松本市で<栞日>という魅力的な新刊書店を営まれている方でもあります。
聞き手は、Book! Book! AIZUの発起人で、orahoの発行人の山本晶子です。

もともとは静岡生まれという菊地さんが、どうして長野県で書店を開業し、ブックフェスを始めることになったのか、「本」からはじまった経緯などをうかがいながら、地方のまちだからこそ、できることについてもお話してみたいと思います。
もちろん、Book! Book! AIZUがどうやってこれまで歩んできたのかも、お話するつもりです。
イベントを運営する側の二人だから話せる裏話などもお楽しみに!

そしてそして…実はもうお一人、ゲストをお招きする予定です。
続報をお待ちください!!

【トークイベント】
本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること
 栞日 菊地 徹 × oraho 山本晶子 + スペシャルゲスト!
日 時:10月9日(日)18:30〜20:00 ※要予約
場 所:食堂つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費:1500円 (ハンバーガーとお茶付)
◎松本の食材を使った「まつもと畑の恵みバーガー」をお出しします。

herobunko2016

いよいよ10月1日(土)からと開催が迫った「Book!Book!AIZU2016」。

今回は、恒例の一箱古本市のみならず、
イベントや特別企画が盛りだくさんとなっています。

そのひとつが、選書集団「book pick orchestra(ブック ピック オーケストラ)」による文庫本葉書の販売です。

「book pick orchestra」とは、本のある生活をふやすために、人と本が出会うあり方を提案しているユニット。主にカフェやギャラリーなどで本を使った空間作りや、書棚に並べる本のセレクトなどを請け負っています。

文庫本葉書は、「book pick orchestra」が提案しているオリジナル企画のひとつで、文庫本それ自体を葉書のようにパッケージした商品。

どんな本が入っているかは見えず、手がかりになるのは裏面に印刷された中身の本からの引用文だけ。
著者やタイトルなど、余計な情報にとらわれずに本との出会いを楽しむことができます。もちろん葉書というだけあって、215円分の切手を貼れば、そのままポストに投函してOK。この葉書で、友だちにサプライズ感のあるお便りを出してみるのもいいかもしれませんね!

販売するのは、
食堂つきとおひさま」(喜多方)、「はじまりの美術館」(猪苗代)、「ギャラリーひと粒」(会津若松)の3か所。
10月1日(土)から10日(月・祝)までの10日間購入できます。
(※10月10日(月・祝)は会津若松一箱古本市会場にて販売)

また、最終日の10月10日(月・祝)には、「book pick orchestra」の一員でもある功刀(くぬぎ)貴子さんが進行役を務める読書会も開催!
「わたしのすきな本」をテーマに、その本のどんなところが好きか、どんな時に読んだのか、自分のお気に入りの本について話したり、参加者の方のお話を聞いたりする会です。
最近読んだものでも、長く大切にしている本でもOK。
小説、エッセイ、絵本、マンガ、写真集などジャンルも問いません。
お気に入りの1冊を持って、お気軽にご参加ください。

『読書会』
10月10日(月・祝)10:00〜12:00
場所 : 一箱古本市会場テント内
参加費 : 500円 定員 : 10名 ※要予約
持ち物 : 人にすすめたい本を1冊お持ちください。
功刀さんの紹介ブログはこちら

「Book!Book!AIZU2016」から始まる、新たな本との出会いを、どうぞお楽しみに♪

image

一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE、はじまります!

10月1日(土)から10日(月・祝)までの10日間、
Book!Book!AIZUに協賛していただいたお店で、「一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE」を開催します。

この企画は、Book!Book!AIZU事務局がセレクトした1冊の本をモチーフに、
参加協力店の店主さんに特別メニューを考えてもらおうというもの。
1冊の本には、群ようこさん原作で、映画化もされた『かもめ食堂』が選ばれました。

気になるメニューの一例をご紹介すると、生姜焼き定食にシナモンロール、おにぎりやコーヒーなど、作品の世界観を彷彿とさせるものばかり!

それぞれのお店の個性が光る1品を召し上がりながら、読んだことがある人もそうでない人も、
『かもめ食堂』のページをめくってみてはいかがでしょうか。
メニューや店舗の詳細はこちらをご覧ください→

参加店舗
・食堂 つきとおひさま(喜多方市)
「かもめ定食」 900円

・はじまりの美術館(猪苗代町)
「シナモンロール 」160円

・BUS CAFE(会津若松市)
「ベリージュース」300円

・ぼちぼち堂(会津若松市)
おにぎりと豚汁(orきのこ汁) 580円

・つるのIORIカフェ(三島町)
「誰かのためのおむすび 」 650円

・MOTO COFFEE(北塩原村)
サチエさんのコーヒー 500円

・空カフェ(福島市)
「シナモンロール」 200円

・Go Go Round This World!(郡山市)
「シナモンロールなスコーン」 280円

全メニュー制覇のご報告もお待ちしています!^^

image

特集「本の世界へようこそ」
9月10日発売のふくしまを楽しむ大人の情報紙「モンモ」にBook! Book! AIZU2016の内容が4ページに渡り、紹介していただきました!!今年のBook!Book!AIZUの内容がこの一冊でぎゅーと見られます。

2年ほど前から、取材を受け、こうしてステキに紹介していただけて、嬉しく思ってます。10月、皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにしております。モンモ、是非ぜひ、お手にとっていただければ嬉しいです。

DSC_1037

みなさま、お待たせしました!

Book!Book!AIZU2016の盛りだくさんの企画を発表します!
今年は、長野県松本市からゲストをお呼びしています。
「松本×会津」風土、食、クラフト、共通点が多い2つのの街を点で繋ぎ、心地いい空気や人、モノを感じていただきたいとおもいます。Book!Book!AIZU発起人 orahoの山本晶子さんも久しぶりの参加ですよー。

一箱古本市の出店者、まだまだ募集しております。
1日古本屋さんになりませんか?詳細はこちら

Book!Book!AIZU2016の詳細、一挙公開!

【一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE】
10月1日(土)〜10日(月・祝)※店舗により会期は異なります。
一冊の本は「かもめ食堂」 郡ようこ 著
この一冊から思いおもいのメニューを店内でお召し上がりいただけます。
参加店舗
つきとおひさま(喜多方市)、はじまりの美術館(猪苗代町)、BUSCAFE(会津若松市)、
IORIカフェ(三島町)、MOTOCOFFEE(北塩原村)、ぼちぼち堂(会津若松市)、
空cafe(福島市)、Go Go Round This World!(郡山市)

book pick orchestraの文庫本葉書の販売】
一文のインスピレーションで本を選ぶ、新しい本の楽しみ方をご紹介。
10月1日(土)〜9日(日)
・販売場所
つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
はじまりの美術館 猪苗代町新町4873
ギャラリーひと粒 会津若松市徒之町2-15
※ 10月10日(月・祝)は会津若松 一箱古本市会場にて販売。

【アルプス山麓からの便り】
・松本、安曇野のおいしいもの、てしごとの販売
・松本の本屋〈栞日〉がセレクトした本の販売
・松本在住の金子健一〈つむぎや 〉の料理本の販売
10月1日(土)〜9日(日) 場所 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
※10月10日(月・祝)は会津若松 一箱古本市会場にて販売。

つむぎや金子さんの本と料理のワークショップ】
料理研究家の金子健一さんをお招きして
「松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ」を開催。
10月9日(日)14:00〜16:00 ※要予約
場所 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費 3500円

【会津×松本 トークイベント】
oraho 山本晶子 × 栞日 菊地徹
テーマ「本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること」
10月9日(日)18:30〜20:00 ※要予約
場所 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費 1500円 (ハンバーガーとお茶付)
◎松本の食材を使った「まつもと畑の恵みバーガー」をお出しします。

【一箱古本市】
1日古本屋さんが大集合!
ダンボール箱ひとつ分の本を販売する青空古本市。

10月10日(月・祝)
10:00〜15:00
場所 会津若松 東邦銀行会津支店
一箱古本市出店者募集中!
参加費1000円 募集店数 30店

〔同時開催〕
◼︎アルプス山麓からの便り
松本、安曇野のおいしいもの、てしごと、本の販売。

◼︎つむぐ屋台(つむぎや 金子×つきとおひさま)
会津×松本 コラボでたべもの、のみものをお届けします。

◼︎book pick orchestraの文庫本葉書の販売
一文のインスピレーションで本を選ぶ、新しい本の楽しみ方をご紹介。

◼︎旅するマルシェ
会津の旅するあきんどチーム、今年もやってきます!
飲食、物販の販売と一冊のおすすめ本を店頭に並べ、
本からはじまる新しい出会いもお楽しみにください♪

◼︎読書会
10:00〜12:00 定員10名 ※要予約
参加費500円(のみもの付)
進行 功刀貴子(ブックピックオーケストラ)
テーマ「わたしの好きな本」
持ち物 人にすすめたい本を一冊

申し込み、お問い合わせはこちら
または0241-23-5188(五十嵐)まで。ご参加お待ちしております。
追って、詳細はブログにてお知らせいたします。

Book!Book!AIZU2016
今年もよろしくお願い致します!!

Book!Book!AIZU2016

2016.07.30

2016hero

Book!Book!AIZU2016
テーマ「本をひらいてつむぐ手 」
2016年10月1日(土)〜10日(月・祝)

すべての物語は手からはじまります。
本を書く人、本を売る人、ページをめくる人。
それぞれの手から手へと受け継がれていく中で、
さまざまな出会いがあり、驚きや発見があり、
そこからまた次の物語が生まれます。
これまでBook!Book!AIZUは、 たくさんの本好きのみなさんとともに、
本と出会う喜びを伝え、新しい世界に飛び出す、その「輪」を広げてきました。
次はいよいよこの「輪」をしっかりと紡いでいく番。 手から手のその先へ。
6年目のBook!Book!AIZUはじまります。

【一箱古本市出店者大募集!】
8月1日(月)10時より一箱古本市の募集がスタートしました!

10月10日(月・祝)10:00〜15:00
出店数 30店舗 参加費は
会場 会津若松市
東邦銀行会津支店南側パーキング(中合跡地)
申し込みはこちら→◼︎

一箱古本市とは
参加者がみかん箱サイズの箱に、売りたい本を持ち寄り、誰でも気軽に1日古本屋さんになれるという、フリーマーケットのような青空古本市。どんな本をいくらで売るかは店主の自由です。屋号を付けたり売り方を工夫したりと、本屋さんごっこが楽しめます。出店者同士やお客様とのコミュニケーションも楽しみ一つ。2005年に東京都の千駄木「不忍ブックストリート」で一箱古本市が始まってから、これまでに全国の多くの都市で開催され、活気を見せています。

その他イベントの詳細は追って発表しますが
今年は長野県松本と会津を結びます。お楽しみ♪

DSC_0160

10月は読書の秋。
秋の夜長に本に没頭しして、好みの世界に入り込む
そんなひとときを過ごせる季節です。

今年は1日だけのBook!Book!AIZU。
「ほんのわ一箱古本市」みなさまお楽しみいただけたでしょうか。

10月12日
秋晴れの暑いぐらいの陽気の中、たくさんの古本屋さんが軒を連ね、
出張はじまりの美術館、ワークショップ、赤ベコ絵本のタネの展示、楽天移動図書館、
旅するマルシェ、と盛りだくさんのイベントとなりました。
本と向き合い、店主さんとの会話を楽しんで、
おいしいものに出会ったり、ワークショップのしおり作りに夢中になって、
みなさんの楽しんでる笑顔にとても嬉しい気持ちになりました。
ご参加いただいたみなさま、ご協力いただいた方々ありがとうございました!

また来年もBook!Book!AIZUをよろしくお願いいたします。
来年も会津のまちと本、本と人、人と人
みなさまに楽しんでいただけるよう、頑張ります。
またお会いしましょう

image

image

image

image

image

image

image

image

image

10601200_626452540802640_557545502_n

 

今年もやってきます。

一箱古本市をさらに盛り上げる、旅するマルシェ!!

本のお供に、おいしい食事とおやつ、楽しい雑貨にお野菜も

お楽しみください。

1620544_336604859852242_6809074247093316476_n

CAFE JI*MAMA(珈琲とスコーン)

味付マトンケバブ(マトンケバブ)

Cafe Baku Table(ハンバーガーとスープ)

パン香房Leaf(天然酵母パン)

空色cafe.(お菓子)

のうのば(野菜)

ギャラリーひと粒(雑貨)

MOTO coffee(珈琲)

こととい×つきとおひさま(焼き菓子)

をしり(雑貨)

旅する花屋 ハヤシラボ(お花)

 

*パンフレット掲載の、雑種酵母のんぱんは都合によりこれなくなりました。

 

 

 

はじまり

猪苗代町のはじまりの美術館が一箱古本市の同時開催イベントとして、
出張展示、グッズ販売を行います!
はじまりの美術館は昨年6月に猪苗代町にできた美術館。
十八間ある元酒蔵を、アール・ブリュットの美術館として修復しオープン。
今回ははじまりの美術館の運営母体である社会福祉法人安積愛育園の創作プロジェクトunico(ウーニコ)の作品展示とグッズの販売、はじまりの美術館でこれまで行った展覧会の記録集などを販売します。
また、今年の冬にはじまりの美術館に出展したアーティスト、森田梢さんのワークショップも開催します。森田さんが得意とする「貼り絵」を習いながら、オリジナルのしおり作りを行います。
ぜひこの機会にご参加ください。

■出張はじまりの美術館
会場:紀州屋1934

■ワークショップ「森田梢としおりづくり」
会場:一箱古本市会場内
参加費:1 枚500 円
11908594_10207656529472973_5108689129504539398_o

11865146_895824817158677_1216629333_o

 

 

「楽天いどうとしょかん」は、福島の子どもたちの為の、教育振興および被災地振興の一環とし、

子どもたちのすぐそばに、 本に触れられる場所を提供することを目的に、 2012年12月から福島県内で運行してきました。

本取り組みを通じて、 地域コミュニティーを活性化させる役割も担ってい ることから、

新たに地域活性化も目的に加え、 岐阜県(2014年5月)、島根県(2014年7月)、群馬県(2014年10 月)でも運行を開始しています。

 

 

11874793_895822627158896_88733287_o11871825_895822613825564_1388780285_o

 

 

 

今回が会津初の運行となります。

どんな本が詰まって来るのでしょうか。お楽しみに!!

 

ページTOPへ