ブログ

はじまり

猪苗代町のはじまりの美術館が一箱古本市の同時開催イベントとして、
出張展示、グッズ販売を行います!
はじまりの美術館は昨年6月に猪苗代町にできた美術館。
十八間ある元酒蔵を、アール・ブリュットの美術館として修復しオープン。
今回ははじまりの美術館の運営母体である社会福祉法人安積愛育園の創作プロジェクトunico(ウーニコ)の作品展示とグッズの販売、はじまりの美術館でこれまで行った展覧会の記録集などを販売します。
また、今年の冬にはじまりの美術館に出展したアーティスト、森田梢さんのワークショップも開催します。森田さんが得意とする「貼り絵」を習いながら、オリジナルのしおり作りを行います。
ぜひこの機会にご参加ください。

■出張はじまりの美術館
会場:紀州屋1934

■ワークショップ「森田梢としおりづくり」
会場:一箱古本市会場内
参加費:1 枚500 円
11908594_10207656529472973_5108689129504539398_o

トークイベントとワークショップのご予約を店頭でも受け付けることになりました。
店頭にはポスターとチラシも置いてありますので、ぜひぜひお立ち寄りください。
(ポスターデザイン:杉山いづみ)

<予約受付店>
会津若松:会津木履庵、ギャラリーひと粒
喜 多 方:食堂つきとおひさま

イベント情報ポスター
(o)

メインイベントの開催期間、10月12日(土)~14日(月祝)には、トークイベントとワークショップが目白押し!
県内外のゲスト講師による、ここでしか聞けない話をお楽しみください!!
ただいま、予約受付中!!!

予約は電話でも受け付け可能になりました! → TEL:0241-23-5188(担当:五十嵐)
もちろん、今までどおり、ホームページのお申し込みフォームからも受け付けます。

プログラムは以下の通り。(詳細はこちら → 

【ワークショップ】
・10/13 「よりみちあるき会津編」@会津若松
講 師:小野朋浩(小さな街
くわしく紹介 → 

【トークイベント】
・10/12 喜多方でのオープニングトーク「扉をひらく、街をひらく」
ゲスト:岩本歩弓(乙女の金沢展ディレクター)、小野朋浩(小さな街
くわしく紹介 → 

・10/14 会津若松トーク1「本屋の仕事」
ゲスト:向井透史(東京・わめぞ)、佐藤雄一(新潟・北書店
くわしく紹介 → 

・10/14 会津若松トーク2「本の森へようこそ」
ゲスト:高橋みほり(元ほんの森いいたて副店長)、前田智子(童話作家、森の仲間)
くわしく紹介 → 

・10/14 会津若松トーク3「手から、手へ-編集者の仕事」
ゲスト:山本純司(編集者)
くわしく紹介 → 

※トークの司会はいずれも山本晶子(会津のいいもの oraho、Book! Book! AIZU )

(o)

10月13日(日)のワークショップのお知らせです。

『よりみちあるき会津編』と題したこのワークショップは、Book! Book! AIZUの今年のテーマ「扉をひらく、街をひらく」とリンクしています。
いつも歩いている街がちょっと違って見える、気づかなかったよさがわかる、そんな風に街の魅力を再発見させてくれるワークショップです。

講師は、オープニングトークのゲストでもある小さな街の小野朋浩さん。
小野さんが仙台で企画された「仙台よりみちあるき」をモデルに、会津のよりみちあるきマップをつくります。

よりみちあるき1
(photo by 小さな街)

この「仙台 よりみちあるき」は、看板やビルのデザインが好きな小野さんと、喫茶店とお買い物が好きな三浦さん、草木が好きな板垣さんという3人で仙台の街を歩き、それぞれが気になったところ寄り道しながら、1枚の地図にまとめたもの。立ち寄ったところは、観光ガイドに載っていないところばかりだそうです。

よりみちあるき3
(photo by 小さな街)

こんな風に何人かで街を歩いて、いろんな視点で街を見ると、いつもより楽しいことがたくさん発見できて、新しい魅力が見えてくるはず。
自分がいいなと思ってきたことが他の人にとっては新鮮に映る、そして、自分にとってもまた新鮮な出会いがある。

小野さんと一緒に会津の街を歩きながら、気になるもの、楽しいものを発見して、会津の街の地図作りを体験してみませんか?
きっと、いつもとは違う街の横顔に出会えるはずです。

ワークショップは、10月13日(日)10:00よりお昼過ぎくらいまで。
資料として「仙台 よりみちあるき」(定価350円)がお土産でついてきます!

イベント情報とお申し込みはこちらから → 

(o)

IMG_6813
今年もやります!共催企画、本にまつわるワークショップ。
まずは10月6日(日)、喜多方市食堂つきとおひさまにて
お菓子教室こととい が出張お菓子教室を開催します。
IMG_6863
「赤毛のアン」。懐かし~い、思われる方多いかもしれません。
この物語に出てくるお菓子をこととい流にアレンジ。
そして出来たのが、
いちじくのチョコマフィン&オレンジのホワイトチョコマフィンです。
みんな大好きマフィン。今回は2種類も作ります。
少々うすら寒くなるこの季節。温かい紅茶をふぅふぅさせながら
ほんわかマフィンで秋の午後を本と共に過ごす。。。
なんて、ステキですよ!
IMG_7059
併せて昨年の好評にお応えし!
「絵本の読み聞かせ」のワークショップが10月27日(日)にございます。
轡田ろうそく工芸
ろうそく作家さん轡田まさえさん。絵本セラピストのお顔をお持ちの轡田さん。
今年も感性豊かな絵本の世界に誘います。

2つの出張ワークショップ。どうか、ご期待ください!
是非のエントリー、心よりお待ちしております。(C)
詳細はこちら

Book! Book! AIZU2012
10月5日〜14日の10日間
たくさんのご来場、ありがとうございました!

喜多方会場 ラストスパートの3日間の様子です

12日「お菓子のワークショップ」
準備風景から楽しそうなお菓子のグッズ達
今回は出張お菓子教室 ことといさん

今回のお客様は普段からお菓子作りしています!という
方が多く、見ていて手際がよく、楽しそうに進んでいきます
お菓子って作る人によって味も形も異なるところが面白い
丁寧に、コツをつかんで、みんなで作った
くるみのパウンドケーキ お茶と共においしい楽しいひとときでした

13日「福原希己江LIVE」
喜多方会場のつきとおひさまにたくさんのお客様が!!
一番遠くて石川県、仙台、中通り、山形
彼女の歌声を聞きたくて〜と集まった方々
本当にありがとうございました!

終始、彼女の歌声に聞き惚れ、みんなで歌うコーナーがあったり
東北お米ソングの新曲を歌っていただきました!

そしてなんと!
スペシャルゲスト 松岡監督
深夜食堂、東京タワー〜ぼくとオカンと時々おとんの監督です!
トークも楽しくてお茶目な方、みんな興奮しておりました!

LIVEのあとは深夜食堂のご飯タイム
やっぱり赤いウインナーは必須!

14日「絵本の読み聞かせ」
子どもたちの読んでーーー!の声が響き
楽しい笑い声、はしゃいで泣いて心が潤う

大人の方々がとてもよかったーというお声をいただいて
まさえさんの絵本に対する愛がみんなに伝わったひととき

今回、展示をしていただいた辻恵子さんには
2日間搬入も手伝っていただき、広報活動にもたくさん協力していただき
辻恵子原画展を会津で開催したことによって
地元の方の刺激と感動をいくつもいただいたように思います
この場を借りてお礼いたします
ありがとうございました!

一箱古本市 秋晴れの本と人とのふれあい
ワークショップはわいわい大盛況
LIVEはお店とお客様の一体感

みなさまの感性と本に対する気持ちが結んだ10日間でした

来年も楽しいイベントを企画して
みなさまを楽しませますよ〜お楽しみに♪

喜多方
本にまつわるワークショップのご予約
定員残りわずかとなっております!
申し込み先→ または0241-23-5188

「本にまつわるお菓子ワークショップ」

会津若松市でお菓子教室を主宰している
お菓子ことといこと福島由子さんが
つきとおひさまで出張お菓子ワークショップを開催

絵本「げんきなマドレーヌ」は修道院の小さな女の子。
かつて食した思い出深いフランス修道院のシスターの味。
「修道院のくるみのパウンドケーキ」をつくるワークショップ。
鬼ぐるみとやますけ農園のどんぶらたまごを使用
最後に試食会でおいしいケーキとお茶のひととき

2012年10月12日(金) 
15:00~17:00
定員 1 0名程度
料金 2500円

「絵本の読み聞かせ」
轡田ろうそく工芸
ろうそく作家さん轡田まさえさんは
絵本セラピストでもあります
大人も子供も、楽しくておかしい
そしてほろりと泣ける絵本の世界を感じるひととき

2012年10月14日(日)
15:00~16:00
定員 10名程度
参加費無料(ワンドリンク制)

講師の福島さん、まさえさん
おふたりとも楽しく愉快でステキなおひと
どちらのワークショップも楽しいこと間違いなし
ご予約お待ちしております♪


本日はワークショップ開催の1日目。
和綴じ本(講師遠藤由美子さん)と
小枝えんぴつ(講師菅尊敬浩さん)の講座が
稽古堂でございました!

パワフルにご活躍な遠藤先生に
キレイな紙をご用意していただき、
皆様に丁寧にお作り頂きました!

少年のような菅先生!
冗談を本気にさせてしまう、
先生の楽しいお話。ステキ!

生徒さんの皆様、仕上がった作品に対し
乙女顔でご満悦◎◎◎

世界にひとつだけの宝物です!

ハートマーク❤ビューイングは、誰もが「愛」や「こころ」をイメージすることができるハートの形を利用して、目に見える形で「こころ」をつなごうとする活動です。
アーティストの日比野克彦さんが発起人となり、各地の避難所をハートで飾ろうと動いてらっしゃいます。

このハートマーク❤ビューイング、福島県立博物館が県内の拠点になりました。
そこで、この25日(土)・26日(日)の週末に、ワークショップを開催します。
25日(土)15:00~17:00に東山温泉・原瀧で、26日(日)11:00~13:00に県立博物館で行われます。いずれも入場無料です。
Book! Book! AIZUのメイン会場近くからも、まちなか周遊バスで移動できますので、どうぞイベントのハシゴをなさってみてください。

また、ハートマーク❤ビューイング・イン・会津では、ボランティアも募集しています。
ちょっと面白そう!どんなことやるのかなー?などと興味をお持ちの方は、25日(土)14:00~15:00に東山温泉の旅籠芦名で説明会を行いますので、ぜひいらしてください。
(この週末は日比野さんも会津にいらっしゃるそうですよ!)

〔o〕


今年もまた、はとちゃんの「うるしのこぼしさん」が会津に上陸します!

昨年の会津・漆の芸術祭で大人気だった画家のはとちゃんによる「うるしのこぼしさん」は、会津の郷土玩具として伝わる起き上がり小法師をもとにしています。
倒しても倒しても起き上がる小法師は、家内安全、無病息災の縁起物として400年前から会津で親しまれてきました。
 
「起き上がり小法師さんの様に東北も起き上がってほしい」
そんな願いと祈りを込め、今回、会津で「うるしのこぼしさん」の絵付け体験ワークショップを行います。

開催は6月25日(土)と26日(日)の二日間。
場所は、Book! Book! AIZUのメイン会場でもある紀州屋1934です。
参加は無料となっていますので、お気軽にご参加ください。 

〔o〕

ページTOPへ