ブログ

IMG_1567

本日8月1日(火)からは
一箱古本市の出店者の募集も開始となりました!!

みなさまご無沙汰しております。
Book!Book!AIZU企画
「ほんのわ一箱古本市」が2017年10月9日(月祝)に決定しました!
今年は1日のみの開催です。

みなさまにまだ見ぬ本との出会いをお届けすべく、
お楽しみ企画をたくさん準備しています。
まだまだ調整中ですが、その一部をチラっとお見せしますね!

一箱古本市のゲストとして3人の方をお呼びしてます。

まずは今回のゲスト1人目は、「南陀楼綾繁」ナンダロウさん。
東京・谷根千からはじまった一箱古本市の発起人でもある方です。
今回も本好きにはたまらないラインナップで参上してくれるはず! 

そして、ゲスト2人目は「みず文庫」さん。
福島県内をはじめ、各地のイベントなどで子供たちに大人気の移動絵本図書館です。
黄色い車が目印。ぜひ親子でお立ち寄りください。

そして3人目のゲスト?というか
我らがボス、Book!Book!AIZU発起人
orahoの「山本晶子」さんの本も並びますよ。
編集者の本棚、気になりますね〜

このほか、恒例の「旅するマルシェ」やライブイベント「音市」も同時開催。
本にまつわるワークショップも予定しております。

一箱古本市の出店も是非、お待ちしております〜

一箱古本市とは、参加者がみかん箱サイズの箱ひとつに売りたい本を持ち寄り、販売するというもの。
2005年に東京の不忍通り「不忍ブックストリート」で始まった古本のイベントで、その活動は全国的に波及し、名古屋(ブックマーク名古屋)、犬山(ブックマークイヌヤマ)、小布施(まちとしょテラソ)、伊那(高遠ブックフェスティバル)、広島(ブックス広島)、福岡(ブックオカ)、佐賀(ブックマルシェ佐賀)などで開催されており、年々、開催地が増え、活気を見せています。

つまりは、この日だけは誰でも本屋さんになれちゃうというわけ。
家の本棚に入りきらなくなった本や、読み終わったけどもなかなか捨てられない雑誌など、本ならなんでもOK!
おひとりさまはもちろん、親子で、またはお友達と一緒に参加していただいても構いません。
ぜひぜひこの機会に、会津の街で本好きの方々との交流を楽しんでみてはいかがでしょうか。

出店料は1000円、募集店数は30店となります。
申し込み、お問い合わせはこちらまで→▪️
または0241-23-5188(五十嵐)へお電話ください。

追加情報やワークショップの内容などは、随時ブログでもお伝えしていきますのでお楽しみに!
それでは今年のBook!Book!AIZU、どうぞよろしくお願いいたします!

「ほんのわ一箱古本市」
2017年10月9日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

image

image

Book!Book!AIZU2016 閉幕!

本を楽しむ10日間、Book!Book!AIZU2016
みなさま楽しんでいただけましたでしょうか。

今年で6回目となるこのイベント
年々、お客様が増え、楽しみにしてくださってる方にお声がけいただき
本を片手にたくさんの笑顔に包まれ、とても嬉しい10日間でした。
ご来場のみなさま、ありがとうございました!

img_5800

img_5804

10/9(日)14:00~は〈つむぎや〉金子さんによる「おやきのワークショップ」を実施、
定員を上回るご参加をいただき、お話しを聞きながら手を動かす楽しいひと時となりました。
「松本と会津の野菜の恵みバーガー作り」「つむぐ屋台」と
ハードスケジュールを勤めあげた〈つむぎや〉金子さん、本当にお疲れ様でした…。

img_5810

10/9(日)18:30~はトークイベント「本からはじまる」を実施、
野菜の恵みバーガーをほおばりながら、
〈栞日〉菊地さん、〈大宴会in南会津〉の東海林さん、Book!Book!AIZU発起人の山本さんによる
地域を盛り上げる試みのお話しに耳を傾けました。

img_5647

遠く松本からお越しいただいた菊池さんには「アルプス山麓の便り」と題して
物販セレクトにもご協力いただきました。
今回生まれた、会津と松本のご縁が
もしかしたら新たな展開につながるかも!?こうご期待ください!!

img_5764

10/10(月祝)会津若松で開催された「一箱古本市」では
お天気に恵まれ、個性的な本屋さんが21組集まり会場を賑わせました。
最後に表彰式が行われましたので発表します!

売上賞 「灯書房」
冊数賞 「マス目屋不忘堂」
◎ゲスト特別賞
栞日賞「ばったりたおれや」
つむぎや金子賞「吉田屋遠古堂」
book pick orchestra功刀賞「ぼちぼち堂」

おめでとうございました!

img_5820

〈book pick orchestra〉の功刀さん進行による読書会では
参加者が普段自分の内に秘めている読後の思いを共有する貴重な時間となりました。
難しく考えずに、ぜひみなさんもおすすめの本を語り合う時間を作ってみてください!

たくさんのゲストのみなさま、
CAFE×BOOK×RECIPEに参加いただいた店舗さま、
一箱古本市出店のみなさま、
旅するマルシェ、マルクト朝市、出店のみなさま、
ボランティアスタッフの方々、
そして、Book! Book! AIZU を楽しみ盛り上げてくれたみなさまに
心から感謝いたします。ありがとうございました!

Book!Book!AIZUは来年も開催いたします。
スタッフ一同、また来秋10月にお会いできること
楽しみにしております!!
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
またお会いしましょう♪

image

Book!Book!AIZU実行委員会一同

今回、ゲストをお願いした菊地さんを訪ね、長野県松本市へ向かったのは、夏まっさかりの日曜日のことでした。

松本駅について最初に感じたのは、松本のまちは、会津と似た匂いがするということ。
同じ城下町だからでしょうか。手仕事のまちだから?雪国だから?
はっきりとした理由はよくわかりませんが、遠く離れた場所であるはずなのに、なぜか近くのまちにいるような、そんな気持ちになるのです。

松本駅から歩いて10分位すると、感じのいいガラス張りのお店が見えてきます。ハイデルベルクの活版印刷機がどーんと鎮座しているそのお店こそ、菊地さんが営まれている<栞日>です。

素敵なセレクトの本や雑貨、美味しいコーヒー(オオヤコーヒ!!)と素朴で優しい味のドーナツという三種の神器がそろったお店。
居心地が良くて、お客さんは絶え間なくやって来ます。
お店の奥のカウンターに笑顔で立っているのが菊地さんです。

img_1439

本は好きだったけれど、だから本屋になったというわけではない。
たまたま、やりたいことを実現できる仕事を探していったら、本屋に辿り着いた。
そして、生まれ育った土地とは関係なく、松本もたまたま辿り着いた場所。

そんな話を菊地さんから伺って、今回のテーマ「本からはじまる」が決まりました。

菊地さんが主催するブックフェス、ALPS BOOK CAMPには、本だけでなく、音楽や手仕事やおいしいものなど、胸がときめくピースが集められています。
イベント会場が湖畔というのも、たまらない魅力。これこそ、地方だからできることかもしれません。

トークイベントでは、菊地さんのほかにもうお一人ゲストをお招きして、地方でイベントを立ち上げ、運営する上での裏話や、地方だからできること、そしてイベントを続けていくことを中心に、気軽な感じで、楽しくおしゃべり予定です。話題がいろいろあるので、ちょっと脱線してしまうかも。(ま、それもご愛嬌ということで。)

当日は、松本の食材を使った美味しいバーガーも提供されます。ぜひ、松本の空気を感じにいらしてください!

追記:
菊地さんはもうすぐ中長期滞在向けの宿泊施設をオープンされます!
松本行きを検討中の方は、ぜひチェックされてみてください。

【トークイベント】
本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること
 栞日 菊地 徹 × oraho 山本晶子 + スペシャルゲスト!
日 時:10月9日(日)18:30〜20:00 ※要予約
場 所:食堂つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費:1500円 (ハンバーガーとお茶付)
◎松本の食材を使った「まつもと畑の恵みバーガー」をお出しします。

160910-2

Book!Book!AIZUのおいしい時間
「松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ」
今年は長野県 松本からゲストをお招きしました!

フードユニット〈つむぎやの金子健一さん。
著書多数の人気料理研究家が会津にやって来ます!
そんな金子さんと作るのは、信州の郷土料理「おやき」。
「おやき」とは、小麦粉・蕎麦粉などを水で溶いて練り、薄くのばした皮で小豆、野菜などで作ったあんを包んだ、いわば中華まんのような食べ物。
今回は信州と会津の野菜を使ってみなさんと一緒に2種類のおやきを作っていきます。こねる!包む!焼く!蒸す!
料理しながら、長野と会津、それぞれの共通点をきっと見つけられるはず。

そして今回は2種類の「おやき」の他に、デモンストレーションとしてお惣菜を一品作ります。
つまりは「おやき」2種とお惣菜、計3品のレシピを、直接教えてもらえるということ!
覚えたその日から使えるレシピ、ぜひたくさんの人に知ってもらいたいです!

お料理タイムのあとは、金子さんが作ったサラダとデザートor飲み物と一緒に、盛りだくさんのおやきプレートを楽しみましょう。
お腹に余裕をもたせて参加してくださいね♪
もしかしたら、ここだけのレシピの裏話も聞けるかも!?

普段はなかなか体験できない、本格的な料理教室ですので、この機会にぜひご参加ください!

【松本と会津の野菜でおやきを作るワークショップ】
10月9日(日)14:00〜16:00
場所 食堂 つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費 3500円 定員12名 ※要予約0241-23-5188
持ち物 エプロン、筆記用具

image
パンように、発酵してぷっくりと、おやきの生地。

image
先日、金子さんが会津を訪問!小菊かぼちゃと金山かぼちゃを持ってパシャリ。
山都の有機農家太田くんのアテンドで、ワークショップに使う会津の野菜と畑の見学、ワークショップの構想が膨らみます!
松本と会津のコラボでどんなおやきが完成するか楽しみですね。

【金子 健一(つむぎや) プロフィール】
料理研究家。2005年マツーラユタカとともにフードユニット 「つむぎや」を結成。雑誌や書籍へのレシピ提案、ケータリング、イベントなど幅広く活動中。現在、松本と横浜を行き来しながら、義父の畑仕事を手伝ったり、ブックプロジェクト「アルプスごはんのつくり方」など、あちこちを巡りながら料理をしている。パン屋さんで店長をしていた経験もあり、粉ものも得意。著書に『ぱんぱかパン図鑑』(地球丸)、『和食つまみ100』(主婦と生活社)など。

image

みなさん、こんにちは。
今日はメインイベントのプロローグとして開催されるトークイベントをご紹介します!

トークのテーマは『本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること』。
「本から始まった」Book! Book! AIZUが産声をあげてから、6年がたちます。
本をきっかけに人と街がつながることをめざしてスタートしたこのイベントの「これまで」そして「これから」をみつめようとこのトークを企画しました。

ゲストは、長野県にある木曽湖の湖畔で3年前から開催されてALPS BOOK CAMPを主催する菊地徹さん。菊地さんは、長野県松本市で<栞日>という魅力的な新刊書店を営まれている方でもあります。
聞き手は、Book! Book! AIZUの発起人で、orahoの発行人の山本晶子です。

もともとは静岡生まれという菊地さんが、どうして長野県で書店を開業し、ブックフェスを始めることになったのか、「本」からはじまった経緯などをうかがいながら、地方のまちだからこそ、できることについてもお話してみたいと思います。
もちろん、Book! Book! AIZUがどうやってこれまで歩んできたのかも、お話するつもりです。
イベントを運営する側の二人だから話せる裏話などもお楽しみに!

そしてそして…実はもうお一人、ゲストをお招きする予定です。
続報をお待ちください!!

【トークイベント】
本からはじまる〜地方でブックイベントを始めること、続けること
 栞日 菊地 徹 × oraho 山本晶子 + スペシャルゲスト!
日 時:10月9日(日)18:30〜20:00 ※要予約
場 所:食堂つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
参加費:1500円 (ハンバーガーとお茶付)
◎松本の食材を使った「まつもと畑の恵みバーガー」をお出しします。

image

一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE、はじまります!

10月1日(土)から10日(月・祝)までの10日間、
Book!Book!AIZUに協賛していただいたお店で、「一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE」を開催します。

この企画は、Book!Book!AIZU事務局がセレクトした1冊の本をモチーフに、
参加協力店の店主さんに特別メニューを考えてもらおうというもの。
1冊の本には、群ようこさん原作で、映画化もされた『かもめ食堂』が選ばれました。

気になるメニューの一例をご紹介すると、生姜焼き定食にシナモンロール、おにぎりやコーヒーなど、作品の世界観を彷彿とさせるものばかり!

それぞれのお店の個性が光る1品を召し上がりながら、読んだことがある人もそうでない人も、
『かもめ食堂』のページをめくってみてはいかがでしょうか。
メニューや店舗の詳細はこちらをご覧ください→

参加店舗
・食堂 つきとおひさま(喜多方市)
「かもめ定食」 900円

・はじまりの美術館(猪苗代町)
「シナモンロール 」160円

・BUS CAFE(会津若松市)
「ベリージュース」300円

・ぼちぼち堂(会津若松市)
おにぎりと豚汁(orきのこ汁) 580円

・つるのIORIカフェ(三島町)
「誰かのためのおむすび 」 650円

・MOTO COFFEE(北塩原村)
サチエさんのコーヒー 500円

・空カフェ(福島市)
「シナモンロール」 200円

・Go Go Round This World!(郡山市)
「シナモンロールなスコーン」 280円

全メニュー制覇のご報告もお待ちしています!^^

10601200_626452540802640_557545502_n

いよいよ13日(月)は、会津若松一箱古本市

今年は旅するマルシェの出店もあります。

【旅するマルシェ】

福島、会津からはじまったあきんど集団
日頃、それぞれいろんなところで商いをしているひとたちが集まり、
それぞれのお店を飛びたし、
旅してつながるあきんどマルシェ

 

今回の出店は9店舗

一箱古本市で本を楽しみながら、

軽食、コーヒー、会津のお野菜なんかもお楽しみください。

 

■あいづ素材cafeめごめご・・・米粉スウィーツ

1017356_303333279822430_4927486226931654600_n

 

 

■大江ファーム・・・山都採れたて有機野菜

 

946902_510035842391940_2123929486_n

 

 

■CAFE JI*MAMA・・・ドリップコーヒーとオリジナルスコーン

1420236_558796627529905_480976126_n

 

 

■パン香房Leaf・・・天然酵母ぱん

1912337_216864781856800_4759150564191867572_n

 

 

■のうのば・・・会津伝統野菜

10609415_684312551660808_2433583914570801965_n

 

 

■味付きマトンケバブ

idx_photo

 

 

■ギャラリーひと粒・・・「本と珈琲」より、5人の焙煎士オリジナル珈琲豆

1377372_702180159858217_1885615948629145101_n

 

 

■Cafe Baku Table・・・サンドウィッチ

10339583_698208913574631_3784491913044137417_n

 

 

■をしり・・・紙小物

 

1454806_1431127077102079_621570285_n

 

 

福島放送・ふくしまスーパーJチャンネルにて、Book! Book! AIZUを紹介していただけることになりました!文庫本画廊を中心にご紹介。
本日、10月2日(木)の18:35~の生中継を予定しています。
よかったら、チェックしてみてくださいね!

本とまち

2014.10.01

10月1日。本日からBook!Book!AIZUはじまります!
『本とまち』まちなかのお店と一緒に楽しむ企画をご紹介。

今回、Book!Book!AIZUに協力いただく店舗は26店舗
会津若松、喜多方、山都、裏磐梯、新鶴、猪苗代
そして福島市からの参加もあり、
各店舗さんに本にまつわる企画を考えていただいきました!

本からイメージしてつくられたフード、スイーツ、ドリンクなどのオリジナルメニューを期間限定で味わうことができるCAFE×BOOK×RECIPE、本にまつわるワークショップ、お店のスタッフが選んだ個性あふれる本棚、ほかにも趣向を凝らした企画が盛りだくさん!
いつもと違った表情のお店を楽しめます。

Book!Book!AIZU 4年目となる今年は、「つなげよう本のわ」というテーマのもと、「本」をきっかけに、人と人、人とまちがつながって大きな輪となっていけたらいいなと思ってます。
まちを歩いて、まちの人とお話をし、まちのことを知ってもらう、そんな風にして、本をきっかけに会津のまちの魅力を再発見してもらえたらうれしいです。
Book!Book!AIZU のリーフレットを持って、まち歩きしてみてくださいませ♪

本とまちの詳細はこちら◼︎

3

ブックピックオーケストラ企画
「文庫本画廊」展示販売

ブックピックオーケストラは本のある生活を増やすために、新たな本のあり方を模索し、
人と本が出会う素敵な偶然を演出するユニットです。
2011年のBook!Book!AIZUにも参加していただきました。
その時の様子はこちら◼︎

普段、目にしている文庫本が絵画のように飾られている空間「文庫本画廊」。
文庫本を包み、絵の部分だけを切り取るように額縁をつけて仕上げられています。
その絵を見て、どんな本なのかと想像を膨らませる
どんな本と出会えか、ワクワクする瞬間
この新しい、斬新な本の楽しみ方、みなさんにぜひご覧いただきたいと思います。

10月1日(水)〜13日(月・祝)
《会場》
◼︎喜多方:食堂つきとおひさま
◼︎会津若松:三番山下

詳細はこちら◼︎

また、10月13日(月・祝)には文庫本画廊作りワークショップもあります。
お気に入りの本を文庫本画廊に仕立てませんか?
ワークショップの詳細はこちら◼︎

ページTOPへ