ブログ

72257058_2698368896881026_6250053683497664512_n

石川屋とNo.3+

セレクト書店「石川屋」と セレクト文具店「No.3+」の店主がそれぞれの感性で厳選した絵本と文具。ちょっと変わったふたつのお店とちょっと変わったふたりの店主の
「すごく変わった移動販売店」です!

そして当日は、
\ほわのわスペシャルトーク&ごはん/
石川屋店主の石井修一さんのトークもあります。
「絵本のある心豊かな生活」
10/14 17:00〜19:00
・参加費 ¥2000 (ごはん付き)
・場所 キチヘイ(会津若松市中町1-10 1F)
・定員20名
・要予約

絵本を通してのコミュニケーションの話や、短い文や挿画からなるイマジネーション、また、それらを人に伝えることの大切さなど、おはなししていただきます。

72527234_2698369030214346_1017526693574737920_n

そしてごはんは、
料理人 山門夢実さんによる
「お野菜カレープレート」

71298020_2698374330213816_1600861966237171712_n

親子でのご参加も大歓迎です。
*小学生以下 ¥1,000
  
===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

71644330_2696905397027376_6149489511047888896_n

「バーバリアン・ブックス」
 
ゲスト出店紹介第二弾は昨年に続いてご参加いただく、バーバリアン・ブックスさんです!
 
バーバリアン・ブックスは西会津町で暮らすグラフィックデザイン事務所 ITWST (楢崎萌々恵とウィリアム・シャム)によるコミュニティ&プリントスペースです。 元呉服屋の建物を自分たちでリノベーションした空間は、新しさのなかに懐かしさを感じ、ついついくつろいでしまいます。
 
71491972_2696905747027341_1149396405903687680_n

また、バーバリアン・ブックスにはリソグラフ印刷機やエッチングプレスといった、少しユニークな印刷ができる機械があり、自分たちで本を製作したり、その印刷機をつかったワークショップを開催したりしています。
もちろん今回の出店でも自主出版の ZINEやグッズなど販売いただきます!
 
 
そして、お伝えしそびれていましたが、今年の「ほんのわ2019」のメインビジュアルのイラストはお二人によるものです!私たちの想いをしっかり汲みとっていただき、そのうえさらにキャッチーでかわいいイラストにしていただきました。

72260452_2696905920360657_7971850598666469376_n

とても気さくで、地域への思い入れも深い素敵なお二人にぜひ会いに来てくださいね!
  
===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

71288230_2694486813935901_8633097978237681664_n

移動本屋 ペンギン文庫
会津に現る!

存在感のあるグレーの大きなトラックの中にぎっしりと詰まった本たち。

一歩中に入ると、ペンギン文庫さんの本の世界へ誘われます。不思議なくらいにあれよあれよと目移りしてしまう本ばかり。時間を忘れてしまいます。

そんなペンギン文庫さんの魅力は、店主の山田絹代さんのセンスと愛。

山田さんはその場所に合った本をいくつかセレクトして、トラックに並べてくれています。

それが山田さんのこだわり。
旅先の街への敬意でした。

さらに一冊一冊、丁寧に本の話をしてくれますので、是非山田さんにも話しかけてみてくださいね!

会津にはどんな本がやってくるのかなと今から楽しみです。
(お酒の本、期待しています!)

写真や美術、文芸、詩などの新刊書を中心にセレクトされていて、どこか別の国にも旅したような気分になれる、そんなペンギン文庫さんの世界。
会津でたっぷりと味わってください!

【プロフィール】
ペンギン文庫は仙台を拠点に写真や美術、文芸、詩などの新刊書を中心としたラインナップで、行く先々に合わせて本をセレクトし、様々な土地で本屋を開く。
土地と土地を紡いで本と本屋の可能性を探す移動式の本屋です。

===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング
(会津若松市)

IMG_7998

「ほんのわ一箱古本市」が2019年10月14日(月祝)に開催決定!
本日8月2日(金)から一箱古本市の出店者の募集を開始いたします!!

出店料は1000円、募集店数は30店となります。
申し込み、お問い合わせはこちらまで→▪️
または0241-23-5188(五十嵐)へお電話ください。

追加情報やワークショップの内容などは、随時ブログでもお伝えしていきますのでお楽しみに!

「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

IMG_7960

「みず文庫」

〜移動絵本図書館

福島県天栄村を拠点に、児童書の編集者、木工職人、
お絵かき好きの3人で活動しています。
絵本と関連したワークショップや、ものづくりの教室などを行っています。
『絵本の一箱古本市』として出店します。
https://www.facebook.com/mizubunko/

IMG_6556

昨年に引き続き、移動絵本図書館「みず文庫」さん登場です!
黄色の車が目印で、お子さんにも大人気です。

今年は「ものがたりモビールを作ろう」ワークショップも
開催してくださいます。こちらもぜひご参加ください!

=================
ワークショップ
「ものがたりモビールを作ろう」

物語を本の見開きページに描いて、それに関連したパーツを
組み合わせてオリジナルモビールを作りましょう。

参加費:300円+材料費
=================

みず文庫さん、前日の10月7日(日)は
Book!Book!Okitama2018にも出店されますよー!

40752509_232260604129718_8269446361460506624_n

42993675_2077609398956982_5717048950733668352_n

「バーバリアンブックス」
 〜コミュニティ&プリント スペース

バーバリアン・ブックスはグラフィックデザイン事務所ITWST (楢崎萌々恵とウィリアム・シャム)によるコミュニティ&プリントスペースです。自主出版のZINEやグッズなどの販売をします。
http://www.barbarianbooks.institute/about.html

バーバリアンブックスとの出会い
会津で、本を自主出版している方がいると聞いて、いてもいられず、事務所のある西会津へお邪魔しました。上野尻駅からすぐの「五十嵐呉服店」と書かれた看板が目印、古民家をリノベーション、佇まいがステキで、本を作る道具や小物、気になる本もたくさん、コミュニティスペースとしても解放しているので、西会津に行った際は、是非、行ってみてくださいね。

一箱古本市では、自身が手がけた本、デザイナーでもあるお二人のグッツなどの販売もありますよ。お二人の作る本のテーマ、切り口がとてもおもしろいです!若さ溢れる明るく爽やかなおふたりとの会話も是非楽しんでくださいねー。

バーバリアンブックスのお二人は、懇親会「旅する本屋のお話とcurryの時間」にも参加していただき、会津での活動をお話ししてもらいまーす。

ほんのわ一箱古本市でお会いしましょう♪

43116940_2077582638959658_6763649428986265600_n

人力移動式の旅本専門店

旅をしながら、旅の本を売り歩く「人力移動式の旅本専門店」。それは、いつもの通い慣れた駅までの道だったり。お気に入りの公園のマロニエの樹の下だったり。いつもの毎日、いつもの場所で不意にめぐりあってしまう不思議な本屋。
http://horoshobo.com

今年の県外からのゲスト
千葉県を拠点に、様々なブックイベントに全国津々浦々飛び回り、たくさんの面白い体験や本を売り歩く極意、旅本しか売らない本屋としての「商いトーク」も人気。

一箱古本市会場で「放浪書房」トミーさんと是非、お話ししてみてください。パワーがあって楽しいですよ。どんな風に本を売るのか、移動式の本屋って⁈ もしかしたら会場内をうろうろと移動して見たり、そんなパフォーマンスもあるかもです!笑

一箱古本市終了後、「放浪書房」トミーさんを囲んで、トーク&カレーを楽しめる懇親会も開催いたします。「商いトーク」是非聞きにきてくださいね〜

「旅する本屋のお話とcurryの時間」
10月8日(月祝)17:00〜19:00
場所 塩蔵2924(会津若松市中町4-16)
◎一箱古本市会場から徒歩3分
参加費 2000円(カレーとお茶付)
予約方法
0241235188(五十嵐)
https://bookbookaizu.info/contact
電話またはメールでご連絡くださいませ。

「放浪書房」トミーさんの商いトークを開催します!路上商いをする醍醐味、出会い、苦悩、商いに大切なことなど、おもしろ体験談を語っていただきましょう。

トークの後は、“ 会津にスパイスと漆器を広めたい ” という「うるしとスパイス研究会」の内海志保さんのカレーをお楽しみいただけます。

トーク&カリーの会
旅する本屋とスパイスの世界、相性のよいコンビでお送りする楽しい時間。是非、ご予約お待ちしております♪

IMG_3620

旅をしながら、旅の本を売り歩く「人力移動式の旅本専門店」。
それは、いつもの通い慣れた駅までの道だったり。
お気に入りの公園のマロニエの樹の下だったり。
いつもの毎日、いつもの場所で不意にめぐりあってしまう不思議な本屋「放浪書房」。
IMG_3619

「放浪書房」トミーさんの商いトークを開催します!
路上商いをする醍醐味、出会い、苦悩、商いに大切なことなど、
おもしろ体験談を語っていただきましょう。

トークの後は、“ 会津にスパイスと漆器を広めたい ” という
「うるしとスパイス研究会」の内海志保さんのカレーをお楽しみいただけます。

「旅する本屋のお話とcurryの時間」
10月8日(月祝)
17:00〜19:00
場所 塩蔵2924(会津若松市中町4-16)
 ※一箱古本市会場から徒歩3分
参加費 2000円(カレーとお茶付)
 ※トークは投げ銭となります。

内海さんの本業は漆刷毛の製作。東京の漆刷毛職人のもとで3年間修行ののち、
2016年地元会津にて工房「刷毛や狐」を開業。
その傍らスパイスカレーにも熱を注ぎ、
会津に「漆器でカレー」文化を根付かせるべく活動を行っています。

先日に行われた内海さんのカレー試食会の様子をご紹介!
IMG_3598

IMG_3592

なんだか新しい組み合わせ、漆器でカレー!!
スパイスカレーにインドを感じました!

皆さんから意見をいただいて、当日には厳選されたカレーが提供されます!

・バターチキンカレー
・サバのミーンコロンブ(鯖カレー)
・パイヤッサム(ココナッツのデザート)
・キャロットラペ(人参サラダ)
・キャベツのポリヤル(キャベツの炒め物)
・里芋のアビヤル(里芋の煮込み)

IMG_3599

旅する本屋さんのお話し、漆器でスパイスカレー、どちらもお楽しみに!
参加は事前申し込みとなります。お問い合わせページからお申し込みください。
(※件名を“「旅する本屋のお話とcurryの時間」申し込み”としてください。)

hero01

「ほんのわ一箱古本市」が2018年10月8日(月祝)に開催決定しました!
本日8月1日(水)から一箱古本市の出店者の募集が開始となります!!

出店料は1000円、募集店数は30店となります。
申し込み、お問い合わせはこちらまで→▪️
または0241-23-5188(五十嵐)へお電話ください。

追加情報やワークショップの内容などは、随時ブログでもお伝えしていきますのでお楽しみに!

「ほんのわ一箱古本市」
2018年10月8日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

160911-2

Book!Book!AIZU2016
10月1日(土)からはじまる企画をご紹介
「アルプス山麓からの便り」

日 時:10 月1 日(土)~9 日(日)
販売場所:食堂つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
  ※ 10 月10 日(月・祝)は会津若松 一箱古本市会場にて販売。

長野県 松本から、ぞくぞくと商品が届いております。
会津に松本の風が吹きますよ〜

今回のゲスト、〈つむぎや〉金子さんと〈栞日〉菊地さんがセレクトした
松本、安曇野の品々がずらりと並びます!!

▪︎松本、安曇野のおいしいもの、てしごとの販売
4種類のほうき、キャンドル、バッチ、ジャム、木工(パン皿、木ベラ)
CD、ALPS BOOK CANPグッツ(子供Tシャツ、トートバック)など

▪︎松本の本屋<栞日>がセレクトした本の販売
リトルプレス、季刊誌など

▪︎松本在住の<つむぎや>金子健一の料理本の販売
ごはん、おつまみ、粉もののレシピ満載のつむぎやの料理本を販売

▪︎アルプス山麓で育った野菜の販売(9日のみ)
どんなお野菜が届くのか、9日をお楽しみに♪

img_4625

img_0481

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HELLO!!
WE are from MATUMOTO!!

はじめまして。こんにちは。
長野県松本市にある、書店〈栞日〉と申します。
この度、お声掛けいただいて、
今年の「Book!Book!AIZU」に参加させていただきます。

メインイベントの開催に先立ち、10月1日から9日間、
松本の手仕事と美味しいものを、ご紹介させていただきます。
雄大な日本アルプスの山麓で育まれた、
気骨ある品々に触れていただけたら、幸いです。

手工芸の伝統が息づく城下町、という点で共通する、
会津と、今回ご縁をいただけて、とても嬉しく、光栄です。
短い期間ではありますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

栞日 sioribi / 菊地徹

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ページTOPへ