ブログ

c753ab764f60994840294bf794835ce0e_4620693218502895763_190802_0007

\一箱古本市開催決定!/

皆さまご無沙汰しております。
今年の「一箱古本市」は
いつもの季節
いつもの場所
いつもの時を
皆さまと、本と共に
楽しみたいと思ってます。

Book! Book! AIZU企画
「一箱古本市」
10月10日(日)
10時〜15時
場所 会津若松市
東邦銀行会津支店南側パーキング


8月1日(日)より
一箱古本市出店者募集します。
募集店数 20店
出店料 1000円
よろしくお願いします!

「一箱古本市」とは
出店者がみかん箱サイズの「一箱」に売りたい本を持ち寄り、販売する青空古本市。
1日限りの本屋さんになれますよ。

昨年で10年を迎えたBook! Book! AIZU
「ほんとのきもち」という記念本も
作りました。
残念ながら開催は見送りましたが
今年こそ、10回目の「一箱古本市」を
無事に開催できることを願ってます。
10周年記念本「ほんとのきもち」も
皆様へ手渡しできたらいいなとおもってます。

10月、皆様に会えることを
とても楽しみにしております♪

※開催については、皆様が安心して会場に来てくださるよう、準備いたしますが、状況に応じて、変更中止になった場合、ご了承くださいませ。

今年も10月、会津のまちに各地からいらした本屋さんがずらりと並ぶ光景を、待ち望んでおりましたが、残念ながら、今の状況では開催ができないと判断いたしました。

自粛生活が続く中で、本との時間をゆっくり過ごされた方も多くいらっしゃるとおもいます。どんな時も、本という存在は、日常の中に当たり前にいてくれて、助けてくれて、楽しさを教えてくれます。本を味わう、とっておきの時間を皆さまの暮らしと共に、より良く過ごせますように。

一箱古本市、中止とはなりますが
何か楽しみを企画できたらと考えてます。


Book! Book! AIZU
ほんのわ一箱古本市
また来年、お会いできることを
実行委員一同楽しみにしております。

79366989_2865490376835543_8942268901232738304_n

\ほんのわトーク ラストは!/

立川こしら
「その落語家、住所不定」

沢山のご来場ありがとうございました!
盛り沢山の内容で、笑いの絶えないトークライブでした。

こしら師匠にお会いして、直接聞かないとわからないこのライブ感。
プロのお話。

家があるのがどうこうではなく、
「これが自分にとっての幸せだという確固たる自信」

漠然とした、みんなが感じるであろう幸せではなく、
自分にとっての本当の「幸せ」とは何か。

これからのこしら師匠の生き方にもとても興味深々です。

ほんのわ スペシャルトーク2019
「あってはなす、ほんとの気持ち」
喜多方、猪苗代、会津若松、田島
4会場でお届けいたしました。

Book! Book! AIZU!は来年で10周年を迎えます。
来年も、本を通して、たくさんの実りある出会いがありますように。

それではまた来年!

72786351_2730063697044879_8733205952146178048_n

Book! Book! AIZU企画
ほんのわスペシャルトーク
第3弾 石井修一「絵本のある心豊かな生活」

\ほんのわトーク第三弾も盛会でした/

このたびの台風19号で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

ほんのわ一箱古本市2019はその台風の直後でしたが、ご来場の皆様、出店者の皆様の笑顔にかこまれ、無事終了することができました。

その日の夜、一箱古本市にゲストとしてもご参加頂いた絵本屋「石川屋」さんの店主 石井修一さんをお迎えしてのスペシャルトーク第三弾を開催しました。

石川屋さんは、本屋業だけでなく、薬や化粧品の取り扱いなど、お仕事は多岐にわたります。今回は「絵本のある心豊かな生活」をテーマに、石井さんが営む「絵本のセレクト本屋」のことや本の魅力などをお話しいただきました。

近年の町の本屋の減少や活字離れには、売れている本ばかり店頭に並び、本屋に特徴がなくなってしまったことが一因と考えた石井さん。
書店の息子として身近だった絵本の「セレクト本屋」として、現在のお店のかたちがつくりあげられたのだそう。絵本の魅力は、たくさん深読みができることと絵本に囲まれた石井さんは言います。

子どものはじめての本との出会いは、大人の読み聞かせ。
そこで、子どもたちは本を共有するたのしみ、自分の知識や理解を口にして大人にほめてもらう嬉しさ、だれかと共感する楽しさを体感するのだそう。

インターネットが普及し、タイトルだけをみて本を購入することも可能ですが、中身を読んで選書した本は、自身で体感したリアリティとして誰かに共有し、共感してもらうことができる。それは大きな本の楽しみにつながり、本の価値以上のものとなると、子どもだけでなく、大人にも通じる本の楽しみ方を伺うことができました。

実際に、「もこ もこもこ」や「くだもの」などの絵本を石井さんの視点を交えて読んでいただくと、会場からは「おもしろーい」「気づかなかった~」とたくさんの声があがり、本を共有する魅力が会場にあふれる時間でした。
一箱古本市では、各店主のオリジナリティ溢れる本が並び、本を交えてたくさんの出会いがうまれます。10周年となる来年の一箱古本市が更にたのしみになるお話を伺うことが出来ました。

トーク後には、Baku Tableの夢実さんのアジアンカレーとサラダ。
つながりのある農家さんから届いた野菜で丁寧に作られたお料理の味で、お腹も心も満腹になりました。

雨のなかおこしくださった皆さん、石井さん、夢実さん、本当にありがとうございました!

73028094_2730063723711543_6916125337839468544_n

73388423_2730063850378197_3222993383618248704_n

74617666_2730063807044868_6409547405703774208_n

image

今年も古本市をさらに盛り上げる
美味しいものたち集まりました!
出店者のご紹介です。

 

SAKAMOTO COFFEE


60920404_300333120915487_7895912256863469568_n

福島駅東口近くのコーヒースタンドです。
日常においしいコーヒを。
コーヒーも好きですが読書も好きです。コーヒーの雑誌や本も持っていこうと思うので是非お立ち寄りください

 

パン香房leaf


 

71709174_2147499635355579_1397916455034421248_n
国産小麦100%で白神こだま酵母を使い、小麦、きび砂糖、粗塩、酵母のみでパン生地を焼いています。
本来の小麦と酵母の香りを楽しんでください。 当日は、カンパーニュやソフトフランス、菓子パン、ベーグルなど販売予定です。

 

楽屋


52451480_302944163752549_6540202531346186240_n

チャ〜イ、チャイ、チャイ。舞台を降りたらチャイでも呑もう。
カルダモン・クローブ・シナモン・生姜を石臼でカンカン挽いて、水、茶葉、牛乳、三温糖でブクブク煮込む。
やがて泡立つ湯気と立ち昇るスパイスの香り。楽屋のチャイ、幕間の一杯を。

 

空色cafe.


68768717_501270990697525_2374023866986004480_n

生地からおいしいクレープは、 会津の美味しいものをつかった自家製ソースをのせます。
いちご、いちじく、有機チョコレート、酒粕クリーム・・・ 素材の持ち味を大切にしたとびきりのおやつタイムをどうぞ!

 

食堂つきとおひさま


71822888_502495673633381_8966055864637063168_n

喜多方市で営む、食堂つきとおひさまです。自家製パンと季節野菜の車麩バーガー、魯肉飯、おやつやのみものを持ってゆきます。
本とご飯でお腹も心も満たしてください♪

 

CAFE JI MAMA


43260414_325571488209124_1972798527683690496_n

水を使わずトマトなど野菜の水分のみで鶏肉を長時間煮込んだカレーです。
会津若松平出油屋の菜種油を贅沢に使用し、見た目とは裏腹にあっさりとした味わいに仕上げています。
下郷町金子牧場のジャージー牛ヨーグルトを使用したオリジナルスコーンも是非どうぞ。

 

味付マトンケバブカフェ


idx_photo

只見町で焼肉と言ったらマトン(羊肉)です!
そんな「味付けマトン」をキャベツと一緒にピタパンで挟んだ「味付けマトンケバブ」は、
甘酸っぱいドレッシングがアクセントになり癖になる美味しさです。

 

 

こみと屋


52344213_1835756226536075_4091389183359188992_n

自家製酵母のチカラ溢れるパンたちです。

 

YAMAMON WORKS


72229446_2477112795840018_5536292791065247744_n

こども釘付けの駄菓子屋さん

 

のうのば & 森のようちえん こめらっこ


71867504_501428004010999_2381344488418181120_n

農薬・化学肥料を使わずに大切に育てた会津伝統野菜や在来・固定種の野菜を販売します。

「森のようちえん こめらっこ」 では、秋の恵みを使った親子で楽しめるワークショップを実施します。
天然塗料のカラフル積み木で遊べるコーナーもあります。

 

 

 

 

72257058_2698368896881026_6250053683497664512_n

石川屋とNo.3+

セレクト書店「石川屋」と セレクト文具店「No.3+」の店主がそれぞれの感性で厳選した絵本と文具。ちょっと変わったふたつのお店とちょっと変わったふたりの店主の
「すごく変わった移動販売店」です!

そして当日は、
\ほわのわスペシャルトーク&ごはん/
石川屋店主の石井修一さんのトークもあります。
「絵本のある心豊かな生活」
10/14 17:00〜19:00
・参加費 ¥2000 (ごはん付き)
・場所 キチヘイ(会津若松市中町1-10 1F)
・定員20名
・要予約

絵本を通してのコミュニケーションの話や、短い文や挿画からなるイマジネーション、また、それらを人に伝えることの大切さなど、おはなししていただきます。

72527234_2698369030214346_1017526693574737920_n

そしてごはんは、
料理人 山門夢実さんによる
「お野菜カレープレート」

71298020_2698374330213816_1600861966237171712_n

親子でのご参加も大歓迎です。
*小学生以下 ¥1,000
  
===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

71644330_2696905397027376_6149489511047888896_n

「バーバリアン・ブックス」
 
ゲスト出店紹介第二弾は昨年に続いてご参加いただく、バーバリアン・ブックスさんです!
 
バーバリアン・ブックスは西会津町で暮らすグラフィックデザイン事務所 ITWST (楢崎萌々恵とウィリアム・シャム)によるコミュニティ&プリントスペースです。 元呉服屋の建物を自分たちでリノベーションした空間は、新しさのなかに懐かしさを感じ、ついついくつろいでしまいます。
 
71491972_2696905747027341_1149396405903687680_n

また、バーバリアン・ブックスにはリソグラフ印刷機やエッチングプレスといった、少しユニークな印刷ができる機械があり、自分たちで本を製作したり、その印刷機をつかったワークショップを開催したりしています。
もちろん今回の出店でも自主出版の ZINEやグッズなど販売いただきます!
 
 
そして、お伝えしそびれていましたが、今年の「ほんのわ2019」のメインビジュアルのイラストはお二人によるものです!私たちの想いをしっかり汲みとっていただき、そのうえさらにキャッチーでかわいいイラストにしていただきました。

72260452_2696905920360657_7971850598666469376_n

とても気さくで、地域への思い入れも深い素敵なお二人にぜひ会いに来てくださいね!
  
===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

71288230_2694486813935901_8633097978237681664_n

移動本屋 ペンギン文庫
会津に現る!

存在感のあるグレーの大きなトラックの中にぎっしりと詰まった本たち。

一歩中に入ると、ペンギン文庫さんの本の世界へ誘われます。不思議なくらいにあれよあれよと目移りしてしまう本ばかり。時間を忘れてしまいます。

そんなペンギン文庫さんの魅力は、店主の山田絹代さんのセンスと愛。

山田さんはその場所に合った本をいくつかセレクトして、トラックに並べてくれています。

それが山田さんのこだわり。
旅先の街への敬意でした。

さらに一冊一冊、丁寧に本の話をしてくれますので、是非山田さんにも話しかけてみてくださいね!

会津にはどんな本がやってくるのかなと今から楽しみです。
(お酒の本、期待しています!)

写真や美術、文芸、詩などの新刊書を中心にセレクトされていて、どこか別の国にも旅したような気分になれる、そんなペンギン文庫さんの世界。
会津でたっぷりと味わってください!

【プロフィール】
ペンギン文庫は仙台を拠点に写真や美術、文芸、詩などの新刊書を中心としたラインナップで、行く先々に合わせて本をセレクトし、様々な土地で本屋を開く。
土地と土地を紡いで本と本屋の可能性を探す移動式の本屋です。

===========
「ほんのわ一箱古本市」
2019年10月14日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング
(会津若松市)

71755024_2691796560871593_127786572819988480_n

Book! Book! AIZU企画
ほんのわスペシャルトーク
第二弾 ウチダゴウ「ことばと生きる」
無事終了いたしました!
 
グラフィックデザイナーであり、詩人でもあるウチダさん。
高校生の頃から詩を書き始めていたといいます。詩というと普段身近にない方も多いかもしれませんが、詩を書くときに一番大事なことは「暮らすこと」とおっしゃっていたのが印象的でした。
  
「暮らすこと」
 
一言で暮らすといっても、どのように暮らすのか。第一弾トークの鞍田さん、長谷川さんのお話ともつながってくるように感じました。
 
 
もう一つ印象的だったのが、最近のように「移住」や「地方」に注目が集まるようになる少し前に埼玉から長野・松本へ移住し、そして最近さらに安曇野へ居を移した理由について。
 
その理由は自分を守るための「逃げ」だとウチダさんは言います。
 
首都圏での暮らしが居心地が悪くなってきて松本へ逃げ、
松本も面白くなっていくがもう少し自分の時間をもつために安曇野へ逃げ、そうして自分の暮らしをつくっていくなかで、詩の生み出し方も変わってきて、自分自身しっくりくるようになっていったそうです。
  
またさまざまな種類を利用していたSNSも1本に絞り、
今はメールレターに力を入れているそうです。メールレターの良いところは、読むためには登録するという読者からの歩み寄りがあるところ。
 
この1歩近付いてもらうような仕掛けや心持ちが、
ウチダさんの詩にとっても大事にしていることだそうです。
 
トークの冒頭と最後には詩の朗読もしていただき、じっくりと言葉と雰囲気を感じる会になりました。トーク後には、食堂つきとおひさま特製車麩バーガーとアジアンスープでご飯会も。
 
ウチダさん、ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
(ウチダゴウさんのHP:https://shitekinashigoto.com/

71227320_2691799900871259_1806274704223240192_n

71800275_2691800274204555_2281816644332290048_n

69684942_2624135507637699_6633591454121852928_n

Book! Book! AIZU企画
ほんのわスペシャルトーク
第一弾 鞍田崇×長谷川ちえ
「愛しいもの、愛しい暮らし」
無事終了いたしました。

たくさんの方々にご来場いただき、懇親会まで、大いに盛り上がりました。ありがとうございました。

スタートから鞍田さんのご指摘、
×「いとしい」→○「いとおしい」。一文字の違いで、違う意味合いが込められます。

「いとしい」が子供や異性の人に使う言葉に対し、「いとおしい」は、人だけでなく、動物や物にも使われる言葉になります。表記の間違いにつきまして、この場を借りて訂正、お詫びいたします。

「いとおしい」ものと暮らし、2人のトークによってゆったりとした流れの中に導かれ、胸打つ言葉に我に返ったり、ハッと腑に落ちたり、2人の興味深い話のやりとりに、1時間半があっという間に過ぎて行きました。

トークの中で、みなさんが心に留めたであろうキーワードとなる言葉、「用の美」、「心の用」、「余白」。

ちえさんのお話し、
デコ屋敷 橋本広司民芸の橋本広治さんが三春張子を作ることに誇りをもつきっかけとなった、民藝の活動家からかけられた言葉、「郷土玩具は、心の用を満たしてくれる」。

民藝の視点から鞍田さんにご紹介いただいた、柳宗悦の「用の美」の「用」の2つの解釈、器など使われることを前提にした「機能としての用」、郷土玩具といったそのものが心を満たしてくれる「心の用」。

いとおしい暮らしを紡いでいく上で、ヒントと言えるかもしれない「余白」の必要。

お二人共通の「本」に関わるお話も交えての心地良いトーク。おふたりがこの場所にいることは必然で、しみじみとスペシャルなトークイベントを開催することができたと、歓喜が湧きました。

鞍田さん、ちえさん本当にありがとうございました。きっと同じように何かを感じて、大きなものを持ち帰っていただいた参加者の皆様にも、感謝いたします。
69398270_2624135587637691_1939079306378477568_n

69822181_2624135527637697_6526213509330501632_n

ページTOPへ