ブログ

43116940_2077582638959658_6763649428986265600_n

人力移動式の旅本専門店

旅をしながら、旅の本を売り歩く「人力移動式の旅本専門店」。それは、いつもの通い慣れた駅までの道だったり。お気に入りの公園のマロニエの樹の下だったり。いつもの毎日、いつもの場所で不意にめぐりあってしまう不思議な本屋。
http://horoshobo.com

今年の県外からのゲスト
千葉県を拠点に、様々なブックイベントに全国津々浦々飛び回り、たくさんの面白い体験や本を売り歩く極意、旅本しか売らない本屋としての「商いトーク」も人気。

一箱古本市会場で「放浪書房」トミーさんと是非、お話ししてみてください。パワーがあって楽しいですよ。どんな風に本を売るのか、移動式の本屋って⁈ もしかしたら会場内をうろうろと移動して見たり、そんなパフォーマンスもあるかもです!笑

一箱古本市終了後、「放浪書房」トミーさんを囲んで、トーク&カレーを楽しめる懇親会も開催いたします。「商いトーク」是非聞きにきてくださいね〜

「旅する本屋のお話とcurryの時間」
10月8日(月祝)17:00〜19:00
場所 塩蔵2924(会津若松市中町4-16)
◎一箱古本市会場から徒歩3分
参加費 2000円(カレーとお茶付)
予約方法
0241235188(五十嵐)
https://bookbookaizu.info/contact
電話またはメールでご連絡くださいませ。

「放浪書房」トミーさんの商いトークを開催します!路上商いをする醍醐味、出会い、苦悩、商いに大切なことなど、おもしろ体験談を語っていただきましょう。

トークの後は、“ 会津にスパイスと漆器を広めたい ” という「うるしとスパイス研究会」の内海志保さんのカレーをお楽しみいただけます。

トーク&カリーの会
旅する本屋とスパイスの世界、相性のよいコンビでお送りする楽しい時間。是非、ご予約お待ちしております♪

43007643_2076110449106877_4042827044705271808_n

\もうすぐ/
ほんのわ一箱古本市!

皆さま、本に出会う準備整いましたか。
本がたくさん眠ってる方いませんか。
もう少し出店者の空きがごさいますよ。
よろしくお願いします!

今日は、只今開催中の
Book!Book!Okitama
行ってきました!

のどかな田園風景に癒されながら
喜多方から車で1時間でたどり着く
「川西町フレンドリープラザ」
こちらで10月7日(日)
一箱古本市が開催されます!

Book! Book! Okitama
今年でファイナル、毎年素晴らしいゲストを呼んで、展示やイベント、街を巻き込んでの共催企画と盛りだくさん、いつも刺激をいただいておりました。今年の一箱古本市はもうすでに40組集まっているそうです!すごい!

会津地方と置賜地方
2日間、ブックロードで繋ぎます。
2箇所の一箱古本市、本好きとお祭り好きの集まる賑やかで文化的なイベント
本と人と街に会いに来てください♪

IMG_3620

旅をしながら、旅の本を売り歩く「人力移動式の旅本専門店」。
それは、いつもの通い慣れた駅までの道だったり。
お気に入りの公園のマロニエの樹の下だったり。
いつもの毎日、いつもの場所で不意にめぐりあってしまう不思議な本屋「放浪書房」。
IMG_3619

「放浪書房」トミーさんの商いトークを開催します!
路上商いをする醍醐味、出会い、苦悩、商いに大切なことなど、
おもしろ体験談を語っていただきましょう。

トークの後は、“ 会津にスパイスと漆器を広めたい ” という
「うるしとスパイス研究会」の内海志保さんのカレーをお楽しみいただけます。

「旅する本屋のお話とcurryの時間」
10月8日(月祝)
17:00〜19:00
場所 塩蔵2924(会津若松市中町4-16)
 ※一箱古本市会場から徒歩3分
参加費 2000円(カレーとお茶付)
 ※トークは投げ銭となります。

内海さんの本業は漆刷毛の製作。東京の漆刷毛職人のもとで3年間修行ののち、
2016年地元会津にて工房「刷毛や狐」を開業。
その傍らスパイスカレーにも熱を注ぎ、
会津に「漆器でカレー」文化を根付かせるべく活動を行っています。

先日に行われた内海さんのカレー試食会の様子をご紹介!
IMG_3598

IMG_3592

なんだか新しい組み合わせ、漆器でカレー!!
スパイスカレーにインドを感じました!

皆さんから意見をいただいて、当日には厳選されたカレーが提供されます!

・バターチキンカレー
・サバのミーンコロンブ(鯖カレー)
・パイヤッサム(ココナッツのデザート)
・キャロットラペ(人参サラダ)
・キャベツのポリヤル(キャベツの炒め物)
・里芋のアビヤル(里芋の煮込み)

IMG_3599

旅する本屋さんのお話し、漆器でスパイスカレー、どちらもお楽しみに!
参加は事前申し込みとなります。お問い合わせページからお申し込みください。
(※件名を“「旅する本屋のお話とcurryの時間」申し込み”としてください。)

hero01

「ほんのわ一箱古本市」が2018年10月8日(月祝)に開催決定しました!
本日8月1日(水)から一箱古本市の出店者の募集が開始となります!!

出店料は1000円、募集店数は30店となります。
申し込み、お問い合わせはこちらまで→▪️
または0241-23-5188(五十嵐)へお電話ください。

追加情報やワークショップの内容などは、随時ブログでもお伝えしていきますのでお楽しみに!

「ほんのわ一箱古本市」
2018年10月8日(月・祝) 10時〜15時
場所 東邦銀行会津支店南側パーキング(会津若松市)

DSC_1021

いよいよ明日は一箱古本市当日!
会場へのアクセスについて、数件のお問合わせをいただいていますので、マップと周辺の駐車場情報をお知らせします!みなさま、ご案内がたりず失礼いたしました・・・。
お車でのお越しの場合、会場となる東邦銀行会津支店南側パーキングにも有料の駐車スペースがありますが、満車の場合は近隣の有料パーキングをご利用ください。
※Pマークをクリックすると説明が表示されます。

PA131195

ほんのわ一箱古本市
\出店者情報公開!/

遠く、北は秋田から
南は千葉から
はじめましての本屋さん
いつものヒトハコフルホニストさん
出店ありがとうございます!

10月9日(月祝)は
「本」というテーマで
お気に入りの、一期一会の
楽しい出会いをみなさまと
ご一緒できたらとおもいます。

一箱古本市出店者情報はこちら▪️

160911-2

Book!Book!AIZU2016
10月1日(土)からはじまる企画をご紹介
「アルプス山麓からの便り」

日 時:10 月1 日(土)~9 日(日)
販売場所:食堂つきとおひさま 喜多方市寺町南5006
  ※ 10 月10 日(月・祝)は会津若松 一箱古本市会場にて販売。

長野県 松本から、ぞくぞくと商品が届いております。
会津に松本の風が吹きますよ〜

今回のゲスト、〈つむぎや〉金子さんと〈栞日〉菊地さんがセレクトした
松本、安曇野の品々がずらりと並びます!!

▪︎松本、安曇野のおいしいもの、てしごとの販売
4種類のほうき、キャンドル、バッチ、ジャム、木工(パン皿、木ベラ)
CD、ALPS BOOK CANPグッツ(子供Tシャツ、トートバック)など

▪︎松本の本屋<栞日>がセレクトした本の販売
リトルプレス、季刊誌など

▪︎松本在住の<つむぎや>金子健一の料理本の販売
ごはん、おつまみ、粉もののレシピ満載のつむぎやの料理本を販売

▪︎アルプス山麓で育った野菜の販売(9日のみ)
どんなお野菜が届くのか、9日をお楽しみに♪

img_4625

img_0481

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
HELLO!!
WE are from MATUMOTO!!

はじめまして。こんにちは。
長野県松本市にある、書店〈栞日〉と申します。
この度、お声掛けいただいて、
今年の「Book!Book!AIZU」に参加させていただきます。

メインイベントの開催に先立ち、10月1日から9日間、
松本の手仕事と美味しいものを、ご紹介させていただきます。
雄大な日本アルプスの山麓で育まれた、
気骨ある品々に触れていただけたら、幸いです。

手工芸の伝統が息づく城下町、という点で共通する、
会津と、今回ご縁をいただけて、とても嬉しく、光栄です。
短い期間ではありますが、どうぞ、よろしくお願いいたします。

栞日 sioribi / 菊地徹

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

herobunko2016

いよいよ10月1日(土)からと開催が迫った「Book!Book!AIZU2016」。

今回は、恒例の一箱古本市のみならず、
イベントや特別企画が盛りだくさんとなっています。

そのひとつが、選書集団「book pick orchestra(ブック ピック オーケストラ)」による文庫本葉書の販売です。

「book pick orchestra」とは、本のある生活をふやすために、人と本が出会うあり方を提案しているユニット。主にカフェやギャラリーなどで本を使った空間作りや、書棚に並べる本のセレクトなどを請け負っています。

文庫本葉書は、「book pick orchestra」が提案しているオリジナル企画のひとつで、文庫本それ自体を葉書のようにパッケージした商品。

どんな本が入っているかは見えず、手がかりになるのは裏面に印刷された中身の本からの引用文だけ。
著者やタイトルなど、余計な情報にとらわれずに本との出会いを楽しむことができます。もちろん葉書というだけあって、215円分の切手を貼れば、そのままポストに投函してOK。この葉書で、友だちにサプライズ感のあるお便りを出してみるのもいいかもしれませんね!

販売するのは、
食堂つきとおひさま」(喜多方)、「はじまりの美術館」(猪苗代)、「ギャラリーひと粒」(会津若松)の3か所。
10月1日(土)から10日(月・祝)までの10日間購入できます。
(※10月10日(月・祝)は会津若松一箱古本市会場にて販売)

また、最終日の10月10日(月・祝)には、「book pick orchestra」の一員でもある功刀(くぬぎ)貴子さんが進行役を務める読書会も開催!
「わたしのすきな本」をテーマに、その本のどんなところが好きか、どんな時に読んだのか、自分のお気に入りの本について話したり、参加者の方のお話を聞いたりする会です。
最近読んだものでも、長く大切にしている本でもOK。
小説、エッセイ、絵本、マンガ、写真集などジャンルも問いません。
お気に入りの1冊を持って、お気軽にご参加ください。

『読書会』
10月10日(月・祝)10:00〜12:00
場所 : 一箱古本市会場テント内
参加費 : 500円 定員 : 10名 ※要予約
持ち物 : 人にすすめたい本を1冊お持ちください。
功刀さんの紹介ブログはこちら

「Book!Book!AIZU2016」から始まる、新たな本との出会いを、どうぞお楽しみに♪

image

一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE、はじまります!

10月1日(土)から10日(月・祝)までの10日間、
Book!Book!AIZUに協賛していただいたお店で、「一冊の本からCAFE×BOOK×RECIPE」を開催します。

この企画は、Book!Book!AIZU事務局がセレクトした1冊の本をモチーフに、
参加協力店の店主さんに特別メニューを考えてもらおうというもの。
1冊の本には、群ようこさん原作で、映画化もされた『かもめ食堂』が選ばれました。

気になるメニューの一例をご紹介すると、生姜焼き定食にシナモンロール、おにぎりやコーヒーなど、作品の世界観を彷彿とさせるものばかり!

それぞれのお店の個性が光る1品を召し上がりながら、読んだことがある人もそうでない人も、
『かもめ食堂』のページをめくってみてはいかがでしょうか。
メニューや店舗の詳細はこちらをご覧ください→

参加店舗
・食堂 つきとおひさま(喜多方市)
「かもめ定食」 900円

・はじまりの美術館(猪苗代町)
「シナモンロール 」160円

・BUS CAFE(会津若松市)
「ベリージュース」300円

・ぼちぼち堂(会津若松市)
おにぎりと豚汁(orきのこ汁) 580円

・つるのIORIカフェ(三島町)
「誰かのためのおむすび 」 650円

・MOTO COFFEE(北塩原村)
サチエさんのコーヒー 500円

・空カフェ(福島市)
「シナモンロール」 200円

・Go Go Round This World!(郡山市)
「シナモンロールなスコーン」 280円

全メニュー制覇のご報告もお待ちしています!^^

image

特集「本の世界へようこそ」
9月10日発売のふくしまを楽しむ大人の情報紙「モンモ」にBook! Book! AIZU2016の内容が4ページに渡り、紹介していただきました!!今年のBook!Book!AIZUの内容がこの一冊でぎゅーと見られます。

2年ほど前から、取材を受け、こうしてステキに紹介していただけて、嬉しく思ってます。10月、皆様のお越しをスタッフ一同楽しみにしております。モンモ、是非ぜひ、お手にとっていただければ嬉しいです。

ページTOPへ